最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

廃盤ジャズネタ

  1. 2007/05/05(土) 01:56:26|
  2. ジャズ|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
高槻ジャズストリート行ってきました。
ウーリッツァーとかローズの音が聴きたかったのですが、そんな人はなかなかいないですね。モチロン。


関西人特有なのか、何なのかしゃべりが長すぎる人が多いです。
ミュージシャンなら音で自分を表現しなさい。トークつまんないんだから。。。と、思うのですが、どうなんでしょうか?せっかくいい音楽してるのに、音楽よりつまんないトークの方が長いというのはもったいない気がします。
それでもやっぱりこの日だけ大阪に住んでてよかったな。と思えます。万歳!


あまり感想を書いても仕方ないので、廃盤ジャズをネタにしてみます。
たびたび取り上げるラルフタウナー先生がソロデビューする前に参加してたので、ポールウィンター・ウィンターコンソートをとりあげるのであります。オレゴンとかデヴィッドダーリング先生が参加しちゃっているのであります。


内容のほうはまだまだスタイルを確立するための過渡期というか、模索中な感じだったのではないかな?と思います。後々の作品の方が好きです。
無理に探しまくるような価値はない気がします。


そのあと、マンガ喫茶でキャバクラマンガの嬢王を読んでみました。
1セットいくらなんでしょう?あのお店?

大阪京都神戸キャバクラ求人アルバイトbsl

ポールウィンター・ウィンターコンソート


「廃盤ジャズネタ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
勇気を出して初めての動画投稿 (2008/05/22)
ブライアン・メイの音色でジャズを聴いてみたい (2011/04/20)
ポール・ウィンターとジョージ・マーティン (2007/06/03)
前のページ